家畜は食べるもの

「家畜を食べる」と言うこと。
例えば乳牛を飼っていると、通常はざっくり2分の1の確率でオスとメスが生まれると考えていい。この業界にはメスをかなり高い確率で産ませる技術が存在していて、それを利用しているときはそうではないけど。
生まれたオスはどうなるか?ブリーダーなら良い血統を残すオスから種を取る。じゃあ良い血統じゃなかったらどうなるかというと淘汰される。この乳牛界で生産力を持つのはメスなのだ。
今や牛の業界では、昔あったような乳肉役兼用というのは知る限りない。すっぱり分業化されている。ホルスタインなんかは日本で広く普及していて、体が大きいから、乳も肉もいける。今飼っているジャージーは小さくて、「これ食べれるの?」となる。いや、あくまで牛なんだから食べれますって。仏教では「乳と蜂蜜」は「殺さず」得られる収穫物だから良いとされている。けれど乳牛で言えば、その影で「オス」が淘汰されているのが現状だ。
僕は食べる。それは僕の中ではごく自然な行為だ。ガチガチの業界の流通という課題はあるものの、牧場で生まれた家畜はと畜してもらって、食用に供することができる。飛騨牛のお膝元の岐阜においても、自前の乳牛の肉を手に入れることができる。言葉にすると簡単なようで、それは聞く人によっては眉をひそめてしまうような話題だ。普段、生きているものが肉になるその変曲点のことは考えなくてもいいようになっている。それがいいかどうかは別にして、人によってはかなり衝撃をうけることだ。
けど、僕は食べる。この業界に入った当初は葛藤があった。でもいつしかこれは無理のない成り行きなんだと腑に落ちた。食べた肉と一緒に。非常に生々しいことだけど、その生と死の一瞬はとても残酷なようだけども、家畜を飼うってこういう事だと思う。