豚19


3か月ほどの豚。ここから、どんどん大きくなる。見ていると、土をどんどん掘り起こしていく。

放牧という飼養方法は、一つの提案だ。「放牧したら、のびのびと豚が育って美味しいよ。」という

提案だ。まだ、完ぺきとはいかないまでも、農園では、こうした提案ができる。

ある農業高校の豚がけっこう人気だという。問屋さんの地道なプロデュースもあろうが

本当に美味しいらしい。美味しくなくては売れない。でも、なぜ美味しいのかはわかる気がする。

それはひとえに、多くの生徒の手がかかっているからだと思う。多くの生徒達が豚のことを気にか

け、丁寧に世話をし、それは本当に、生徒たちが手塩にかけた豚なのだ。だから美味しい。

単純に考えればいい。

手をかければ美味しくなる。

のびのびと快適に過ごせれば美味しくなる。

いいものを食べさせれば美味しくなる。

放牧という手法は、豚がのびのびと快適に過ごせる手法の一つだ。

About 山本 武志

「じゆうちょう」担当。 職業 植木屋。 料理、コーヒー、土いじり 大大大好き。 最近の取り組み 合気道。 人生テーマ 自然、感性、愛、適当であること。
This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.