合気道

さて、人生に彩を添えるため、再び合気道場に通い始めた。
この道場の特色は、「型ありき」だ。
立ち方、足運び、指先の形に至るまで、細かい指導を受けている。
網でがんじがらめになっている感がしないわけでもないが、
型にこだわることを理解することもできた。
型ができておれば、すなわち、活きる。という具合だ。
合気道についてよく聞く一般的な意見は、お約束の動き方ということだ。
2者が、決められた一連の動きに則って組み手を行うことを
「約束組み手」という。つまり、お約束というのはそれを指すのだろう。
さらには、お約束の動き方だから、攻略ができるとさえ言うのだ。
だが、反論するならば、それは洗練された約束であると言うことだ。
合気道では初歩的な技から既に、一連の動作の中にいくつもの場合分けを含んでおり
それらを経て、相手を傷つけることなく制すというアウトプットに及んでいる。
というのは、きちんとした型(つまり、手続き)を踏まないと、相手に反撃される隙が
いくらでもあるというわけだ。
型を強要されるのは、いままであまり好きではなかったのだけども、
こうした洗練された技術が受けつがれているということなら
型にこだわる意味も分かる。決して浅いものではないのだ。

だから、今は型にはまってみよう。

About 山本 武志

「じゆうちょう」担当。 職業 植木屋。 料理、コーヒー、土いじり 大大大好き。 最近の取り組み 合気道。 人生テーマ 自然、感性、愛、適当であること。
This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

One Response to "合気道"